2012年04月15日

「開運のススメ!」3rd.stage第27号【親友の死】

 今日はluckyの親友のお話をします。
 その親友は今年1月に亡くなりました。


 このメルマガにそのことを書こうと思いつつも、
 lucky自身の心の整理がつかなかったので今まで書けませんでした。
 サーバーの移転などで時間が取れなかったこともあります。


 あなたにはなんの関係もないluckyの親友のお話ですが、
 ようやく心の整理がついたので書いておきます。


 直接「開運」とは関係ない話かもしれませんが、
 一人の人間の死についてあなたにも考えてもらいたいのです。


 少し重い話になるかもしれませんが、
 ぜひじっくり読んで、よく考えてみてください。

=@==================================================================PR
耳で読書!「音訳工房」へようこそ   http://www.bonzclub.com/onyaku/
名作文学の音訳CDを制作・販売。mp3版のダウンロード版も発売中!
音訳とは本来目の不自由な方のために読んであげる手法なのですが、朗読と違
って余計な感情を出来るだけ排除した読み方なので、一般の人の読書ツールと
しても最適。合成音訳「赤ずきんちゃん・ヘンゼルとグレーテル」発売中!
=@==================================================================PR

       等幅フォントでご覧になることをお勧めします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆   ┏┓         ┏━┓    ┏┓            ☆
☆ ┏━┛┗━━━┓    ┏┛┏┛ ┏━━┛┗━━┓┏━┓   ┏┓ ☆
☆ ┗━┓┏━━┓┃   ┏┛┏┛  ┃┏━━━━┓┃┗━┛   ┃┃ ☆
☆   ┃┃  ┃┃  ┏┛ ┃   ┗┛    ┃┃      ┃┃ ☆
☆   ┃┃  ┃┃ ┏┛┏┓┃         ┃┃     ┏┛┃ ☆
☆   ┃┃  ┃┃ ┗━┛┃┃        ┏┛┃    ┏┛┏┛ ☆
☆   ┃┃ ┏┛┃    ┃┃      ┏━┛┏┛┏━━━┛┏┛  ☆
☆   ┗┛ ┗━┛    ┗┛      ┗━━┛ ┗━━━━┛   ☆
☆                                  ☆
☆  ┏━━━━┓ ┏━━━━━━┓┏━━━━━━┓      ┏┓ ☆
☆ ┏┛┏┓┏┓┗┓┗━━━━┓ ┃┗━━━━┓ ┃  ┏━┓┏┛┃ ☆
☆ ┃┏┛┃┃┗┓┃    ┏┛┏┛    ┏┛┏┛  ┗┓┗┛┏┛ ☆
☆ ┃┃ ┃┃  ┃┃   ┏┛┏┛    ┏┛┏┛    ┃ ┏┛  ☆
☆ ┃┃ ┃┃  ┃┃  ┏┛ ┃    ┏┛ ┃    ┏┛ ┗┓  ☆
☆ ┃┗┓┃┃┏┛┃ ┏┛┏┓┗┓  ┏┛┏┓┗┓  ┏┛┏━┓┗┓ ☆
☆ ┗┓┗┛┃┃┏┛┏┛┏┛┗┓┗┓┏┛┏┛┗┓┗┓┏┛┏┛ ┗━┛ ☆
☆  ┗━━┛┗┛ ┗━┛  ┗━┛┗━┛  ┗━┛┗━┛      ☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 「開運のススメ!」3rd.stage 第27号

         開運プロモーターluckyが贈る幸せになるための第三章
----------------------------------------------------------------------

【ご挨拶】


 今日はluckyの親友のお話をします。
 その親友は今年1月に亡くなりました。


 このメルマガにそのことを書こうと思いつつも、
 lucky自身の心の整理がつかなかったので今まで書けませんでした。
 サーバーの移転などで時間が取れなかったこともあります。


 あなたにはなんの関係もないluckyの親友のお話ですが、
 ようやく心の整理がついたので書いておきます。


 直接「開運」とは関係ない話かもしれませんが、
 一人の人間の死についてあなたにも考えてもらいたいのです。


 少し重い話になるかもしれませんが、
 ぜひじっくり読んで、よく考えてみてください。


 現在の読者数は

 「まぐまぐ」363、「melma!」782の合計1,145です。


=@==================================================================PR
このノウハウを知れば、初心者でもお金を掛けずに商用サイトを構築できる!
しかもすぐに稼げる紹介者プログラム付き!
あなたの商売を加速する「情報販売必携ツール」とは?
第一弾「ホームページ作成ソフト完全図解マニュアル」割引価格で発売中!
                   http://www.bonzclub.biz/joho/7/
=@==================================================================PR


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

【新しくご購読いただいた皆さんへ】


 新しくご購読いただいた皆さん、はじめまして。
 このメルマガは真剣に「開運」を願う人に、
 本当の意味での「開運」を解説するメルマガです。


 お気楽な「開運話」や「占い」と思って
 購読していただいた方には申し訳ないですが、
 これはあなたの運命を「占う」メールマガジンではありません。
 あなたの運命を「変えよう」とするメールマガジンです。


 お気楽な「占いメルマガ」を期待してご購読いただいた方は、
 申し訳ありませんが、ご遠慮なくメルマガ下部のURLから解除してください。


 基本的には不定期(月一回程度)の発行になります。
 皆様からのご意見・ご感想・ご質問などがあった場合には、
 臨時発行することがあります。


 「luckyの開運理論」についてはホームページがありますので、
 ご興味のある方はそちらをご覧ください。


 「開運のススメ!」ホームページ
  http://www.bonzclub.com/kaiun/


 ホームページでは、「無料メールセミナー」を受付中です。
 メールセミナーの配信スタンドが何度か変わって、
 途中の受講者数が分からなくなっていますが、
 おそらく960名ぐらいの方が受講されています。


 受講2回目にして開運の兆しが現れた方も出ています。
 ご興味のある方は、ぜひ受講してみてください。


 たった2週間で開運の兆しが現れる!
 「無料!開運メールセミナー」
  http://www.bonzclub.com/kaiun/Seminar.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


【バックナンバー】

 1st.stageバックナンバー blog「開運のススメ!」
  http://blog.livedoor.jp/lucky_hn/


 2nd.stageバックナンバー 「開運のススメ!」2nd.stage
  http://kaiun2.seesaa.net/


 3rd.stageバックナンバー 「開運のススメ!」3rd.stage
  http://kaiun3.seesaa.net/

【ご意見・ご感想・ご質問・開運報告など】
 メルマガ・ホームページへの転載不可はその旨お申し出ください。

 開運掲示板
  http://www.bonzclub.com/cgi-bin/tobbs/tobbs.cgi

 メール
  http://www.bonzclub.com/kaiun/mail.html

【無料レポート】

 「音声配信=運命を変更する場合の手数料」
  http://www.bonzclub.com/kaiun/onsei/


 「運命を変える人生計画の立て方(人生設計フローチャート)」
  http://magarepo.com/?rid=151&mid=mg0000137554


 「無料!開運メールセミナー」
  http://www.bonzclub.com/kaiun/Seminar.html


 「集中力を高めるRainSound」
  http://www.bonzclub.com/cgi-bin/download/download.cgi?name=rs.mp3
 (上記URLをクリックするとダウンロードできます)

【「まぐまぐ」読者の方へのお願い】

  よろしければ「まぐまぐ」の「読者さんの本棚」にご紹介ください。
  これも幸せを人に分けてあげる第一歩ですよ。
  下記アドレスから投稿できます。
  http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm


【「melma!」読者の方へのお願い】

  記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
  評価は3段階で簡単にできますので、
  本メルマガの一番下からご参加ください!
  できればコメントも書き込んでくださいね。


───────────────────────────────────
          ↓↓↓これより本文↓↓↓
───────────────────────────────────

【親友の死】


 2012年1月24日、luckyの携帯電話が鳴りました。


 「Sの兄ですけど・・・」


 S君というのはluckyの同級生で、親友と呼べる数少ない友達の一人です。
 S君のお兄さんとは面識はあるものの交流はなく、
 luckyの携帯番号も知っているはずがありません。


 「えっ、ああ・・・こんにちは・・・」


 なんでS君のお兄さんから電話が・・・
 luckyの頭の中は?でいっぱいですが、
 何かゾワゾワと胸騒ぎがしています。


 「実は、弟が亡くなりまして・・・」


 luckyは生まれて初めて絶句というものを経験しました。
 今から思えば時間にして10秒ほどでしょうか。
 しかしその時のluckyの感覚では、
 1分ぐらい沈黙していたような気がしました。


 luckyは大阪府立工業高等専門学校を卒業しています。
 いわゆる「高専」という学校形態で、
 中学卒から5年間で大学並みの教育が受けられるという学校です。


 1年生は普通科の高校とあまり変わらず教養課程が中心の授業ですが、
 2年から専門課程がだんだんと増えていき、
 4〜5年はほとんど専門課程が中心で卒業研究もあります。


 luckyが入ったのは工業化学科という学科で、
 学年で一クラスしかありません。
 だから留年しない限り5年間同じクラスメイトと過ごすわけです。


 思春期という多感な時期を5年間も同じメンバーで過ごすということは、
 同級生の絆も一般の方の比ではありません。


 そんな学校でluckyとS君は出会いました。
 しかし1年生のうちはそんなに仲良くしていた記憶はありません。


 仲良くなったのは多分2年生だったと思うのですが、
 彼の提案でフォークグループを結成した時からでしょうか。


 彼がボーカルでluckyがギター、
 そして高専の同級生でもあり、
 彼の中学校時代の同級生でもある友人をベースに引きずり込んで、
 そのフォークグループがスタートしました。


 後に彼の知り合いの女の子をスカウトして、
 男女ダブルボーカルになりました。
 ベースの友人は部活が忙しくなって、
 またS君の別の友人に交代しました。


 と言っても何か目だった活躍をしたわけではなく、
 学校や市民会館のスタジオなどを借りて練習して、
 たまに地域のイベントなどに出演させてもらっていたぐらいのものです。


 全員がプロになろうなんて気もなく、
 学校内や地域で楽しくやれればいいや、というような活動でした。


 実はS君は早くから作家志望だったのです。
 そんな彼がなぜ高専に、しかも工業化学科に入ったのか謎ですが、
 まあ中学生ぐらいの将来の夢なんてものはそんなものかもしれません。


 そんな彼ですから学校内でも国語研究室に入り浸りで、
 専門課程の授業なんかはあまり勉強していなかったようです。


 そんなわけで彼は3年生の修了と同時に退学します。
 高専では3年生を終了すると高卒の資格が与えられます。
 つまりそこから大学を受験することもできるんです。


 しかし彼は大学へは行かず、
 自分一人で小説や詩を書いたり写真を撮ったり、
 もちろん山ほど読書もして作家への道を歩き始めました。


 その頃にはフォークグループの他のメンバーも、
 大学受験などで忙しくなりグループは解散していました。


 luckyは他の同級生とフォーク・デュオを組み、
 学園祭やラジオのオーディション番組に出演したこともあります。


 クラスメイトではなくなったので、
 luckyとS君とは自然と疎遠になります。
 わざわざ会いに行かなければ会う機会がないのだから当然の成り行きです。


 たまに会ったり電話で話したり、
 年賀状や手紙のやり取りなんかは続いていましたが、
 まあ年に数回ぐらいの付き合いでした。


 そんな彼と再び親友の付き合いになったのは、
 luckyが25〜6歳ぐらいの頃だったでしょうか。
 それは彼からの一本の電話でした。


 「お前のテープを作りたいんや」


 彼は言うのです。
 初めluckyにはなんのことかわかりませんでした。


 「お前の生まれてからこれまでの歴史、
  それをお前の歌と一緒に一本のテープにまとめたいんや」


 CDなんてこの世に存在していない時代の話です。
 luckyの人生と歌を一本のテープにまとめてみたいという話だったのです。


 もちろん彼がluckyをプロデュースして、
 デビューさせようなんて話ではありません。


 ただ一人の人間のこれまでの人生を、
 一本のカセットテープに凝縮させることによって、
 彼なりの創作作品として完成させるという作家活動の一つだったのです。


 その対象として一番良く知っているluckyに、
 白羽の矢が立ったということだったのです。


 もちろん高専に入るまでのluckyについては彼はほとんど知りません。
 どんな生活環境に生まれ育ち、
 どんな経験を経て現在のluckyという人間が形成されたのか、
 それに興味があったようです。


 luckyは裕福な家庭で育ったわけではありませんし、
 もちろん当時何らかの分野で成功していたわけでもありませんし、
 むしろいじめられっ子の情けない過去しかありません。


 だから友達といえども自分の過去をさらけ出すなんて、
 とても抵抗があったことは確かです。
 サラリーマンだったので自由になる時間もあまりありませんでした。


 しかし彼の度重なる説得に負けた形で、
 週に一回ぐらいギターを持って彼の自宅に行って、
 彼の取材を受けながらテープに収録して行きました。
 彼がluckyの自宅に来たことも何度かあります。


 彼のナレーションでluckyの生い立ちやエピソードが語られ、
 その合間に当時影響を受けていた歌や自作の歌をはさみ、
 一本のカセットテープが完成しました。


 そのカセットテープは現在もluckyの手元にありますが、
 今聴き返しても、とても人に聴かせられるものではありません。


 しかしこのカセットテープを作ることによって、
 luckyとS君は親友と呼べる間になっていったのです。


 彼はハンサム(今でいうイケメンですか)で、
 知らない人でも物怖じせずに話しかけられる男なのでよくモテていました。


 22〜3歳の頃には「子供はいらないからパイプカットする」
 なんて言っていたくらいです。


 そんな彼がこのカセットテープを作った後まもなく結婚しました。
 もちろん作家志望というだけで実質はプータローです。
 アルバイトを渡り歩きながら作家修行をしていたのです。


 嫁さんはエレクトーンの先生で、
 結婚してから彼の生活を支えていたようです。


 しかも「パイプカットする」なんて一時は言っていたのに、
 実に5人もの子供をもうけたのです。


 当然生活は苦しかったでしょう。
 小さい子供をたくさん抱えては嫁さんも働けません。


 そんな彼はとうとう切羽詰まったのでしょう。
 luckyに借金を申し込んできました。


 当時はバブル期に差し掛かっていた時期で、
 luckyもサラリーマンながら結構収入がありました。


 以前他の友だちにお金を貸して逃げられたこともあったので、
 「友人関係を壊したくないからあげる」と言いましたが、
 彼はきっちり借用書まで用意していました。


 そんなわけで20万円というお金を彼に貸したのですが、
 作家として世に出なければ返せるはずもありません。


 当時のluckyはお金には困っていなかったので、
 催促することもありませんでした。
 彼の生活が苦しいこともわかりきっていました。


 彼の写真が写真雑誌で入選したとか、
 三流漫画誌の原作に採用されたとか、
 ごく小さな成功はあったようです。


 その賞金や原稿料が入ったとかで3万円だけ返してもらいました。
 しかしその後は彼の作品が世に出ることはありませんでした。


 luckyが事業に失敗してからはluckyの方にも時間の余裕がなく、
 S君と会うことも極端に少なくなってしまいましたが、
 時々電話やメールのやり取りはしていました。


 2007年彼は離婚します。
 5人の子供を抱えて彼を支えていく生活に疲れ果てたのでしょう。
 嫁さんの方から言われてしまったようです。


 子供は嫁さんのほうが引き取り、
 彼は一人暮らしを始めます。
 当時のluckyからのメールを引用します。


----------------------------------------------------------------------
 奥さんは俺が知ってる限りでは、
 たくさん子供を抱えながら十分S君をサポートしてくれてたように思う。
 責めることはでけへんで。
 S君の夢が奥さんの夢ではなかったということや。

 俺らももう50を過ぎて残された時間は長くは無いから、
 もうそろそろ形にして出して行かんと、
 同級生とかも含めて世間の人には理解でけへんということや。
 それは奥さんでも同じやと思う。

 例え理解はしてても、
 自分の夢ではないことで世間の風当たりを耐えるには、
 多分何十年という月日が長すぎたんやろな。

 まあS君を急かすつもりは毛頭無いけど、
 S君のその辺を理解してるんは、多分俺だけやと思うで。
----------------------------------------------------------------------


 S君の作家活動に口を出したのは、
 多分これが初めてのことだったと思います。


 このあとluckyから「いろんな雑誌の文学賞とかに応募しまくれ」
 というアドバイスをするのですが、
 一つか二つ応募したようですが、ダメだったようです。


 結局内容は良くても売れると判断されなければ採用はされないので、
 その売れる文章がなかなか書けなかったのでしょう。


 「ダメ元でどんな雑誌でもかまわんから応募しまくれ。
  そうすれば各雑誌の採用傾向もわかるかもしれんし、
  どこかの編集者の目に留まるかもしれん。」
 というluckyのアドバイスも、
 彼のスタイルには合わなかったのでしょう。


 そして昨年9月にluckyがS君に送ったメールがこれです。


----------------------------------------------------------------------
 S君のゴールは何処や?

1.自分を追及して熟成させ、それを作品に昇華して後世に残す
2.自分のメッセージを作品に託して、現在生きて生活している人に発信する

 もし1なら、
 俺のアドバイスは必要ないやろ。
 このまま頑張ってくれとしか言いようがない。
 これ以下は読む必要がない。


 もし2なら、
 ええ加減どんな形でも情報発信する手段を持たんと間に合わんで。
 俺らももう50代後半や。アラ還やで。
 あと何年生きられるか、あと何年まともに活動できるか。

 どんなにええ作品が書けても、人の目に触れん事にはクソの役にも立たん。
 しょうもない作品でも、読んでもらえたら読んだ人に何らかの影響を与える。


 俺は今メールマガジンを三つ発行してる。
 ひとつはマンガ・アニメ系のメルマガで読者数は272人。
 ひとつは自己啓発系のメルマガで読者数は1,158人。
 最後の一つは自分のネットショップのメルマガで読者数は5人。
 俺の発信するメッセージは合計1,435人に届くわけや。

 どのメルマガも大したことは書いてへん。
 集めた情報を整理して分かりやすい形で提供してるだけや。
 一番自分の言いたい事を自由に書いてるのが自己啓発系のメルマガで、
 これが一番読者が多いし、読者からのレスポンスもある。
 しかも時間がなくて月一程度の発行でや。

 メルマガはいつでも解除できるから、
 何の影響も与えへんメルマガはすぐ解除される。
 ネットショップのメルマガはまだ創刊して間もないけど、
 マンガ・アニメ系のメルマガは10年ぐらい、
 自己啓発系のメルマガは5年ぐらい続いてる。
 解除されずに購読してるという事は影響を与えてる証拠や。

 S君の濃いメッセージを込めた作品は誰にも届かヘんけど、
 俺の片手間で書いたどうでもええような薄いメッセージは、
 1,435人に届いて何らかの影響を与えてる。
 この意味が分かるか?

 S君に足らんのは、
 自分をプロデュースする力、作品をプロモーションする力。
 いくらええ作品が書けても、誰もその作品を知らんし読むこともでけへん。
 従って誰も影響を受けられへん。そろそろ世に出さんと。
----------------------------------------------------------------------


 その後彼からの連絡が途絶えました。
 親友にここまで言われて苦悩していたのかもしれません。


 彼がこんなに早く逝ってしまうのなら、
 こんなことを書かなければよかったと思いました。


 そして冒頭に書きましたように、
 2012年1月24日彼のお兄さんから電話がありました。


 13日に別れた嫁さんと会う約束があったそうなんですが、
 そこに現れず、その後も連絡が取れなかったそうです。


 連絡が取れないので不審に思ったお兄さんが、
 24日彼の家に見に行ったところ、
 もうすでに亡くなっていたそうです。


 以前から高血圧の症状があったそうで、
 おそらく脳の血管が破れた突然死だろうという事でした。


 嫁さんと会う約束だった13日にはもう動けない状態だったようで、
 おそらくすでに死亡していただろうというお話でした。


 テーブルには食べた後のカレー皿が残っていたようです。
 食べた後何らかの理由で動き出して倒れたようだったということでした。


 彼がこの世に残したものは、
 写真雑誌で入選した写真一枚と、
 三流雑誌の漫画原作一本、
 そして5人の子供たちでした。


 いかがでしたでしょうか。
 あなたとはなんの関係もないluckyの親友のお話でしたが、
 何か感じてもらえることがあったでしょうか。


 人間は一人では生きていけません。
 誰かから影響を受け、また誰かに影響をあたえるものです。


 あなたは誰かに影響を与えていますか?
 あなたがこの世に生きた証として、
 この世に残したものがありますか?


 あなたが何も考えず、ただ流されるままに人生を歩んで、
 何も残さずに人生を終えてもいいのでしょうか。


 luckyももう57歳。
 残された時間はそんなにないかもしれません。


 このメルマガがあなたの人生を変えるきっかけになればと、
 luckyの考えをお話ししています。


 若いからといって時間が有り余っているわけではありません。
 人間いつ死ぬかわからないのです。


 震災だの台風だのミサイルだの、
 大きい災害がいつ起こるかわかりません。
 病気だの事故だの、いつあなたを襲うかわかりません。


 あなたは明日死ぬかもしれないのです。
 明日死んでも悔いはありませんか?


 luckyは明日死んだら悔いだらけです。
 その悔いをひとつでも減らそうと日々必死で生きています。
 親友の運命を変えられなかったことも悔しいです。


 あなたに残された時間はどのくらいあるのか、
 それは誰にもわからないのです。


 ぜひ悔いを残さないように、ひとつでも悔いを減らすように、
 今を全力で生きてください。


 なお彼へのメールで
 「片手間で書いたどうでもええような薄いメッセージ」なんて書いてますが、
 これは彼への方便というもので(苦笑)luckyは全力で書いています。


 このメルマガも書き上げるのに5時間かかりました。
 どうかご理解ください。


----------------------------------------------------------------------

 「開運プロモーターluckyのおすすめ書籍」
 http://www.bonzclub.com/kaiun/osusume/sikou.html

 「開運プロモーターluckyのおすすめDVD」
 http://www.bonzclub.com/kaiun/osusume/dvd.html

----------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】


 実はS君のお兄さんにお願いして、
 彼が残した原稿の一部を貰い受けました。


 今は忙しくて出来ませんが、
 いつかその内のいくつかを世に出してやりたいと思っています。


 もちろんluckyに出版社とのコネなどありませんが、
 電子書籍なら自費出版もあり得ると思っています。


 原稿を文字おこしする手間は大変ですが、
 電子書籍なら自分で、しかも費用が0円でもできるからです。


 彼がこの世に残したかったもの、
 それを例え一つでも世に出してやりたいのです。


 それが世間に受け入れられるかどうかわかりませんし、
 それ以前にどれだけ世間の目に触れさせることができるのかわかりませんが、
 ネット上に置いておけば、いつか誰かの目に留まることもあるでしょう。


 そしてそれがその人に影響をあたえることができたら、
 彼が生きていた意味も見い出せると思うのです。
 彼の運命を変えてあげられなかったluckyの悔しさでもあります。


 luckyが彼に貸したお金は、
 彼の生命保険が下りて、お兄さんから返してもらいました。


 彼がluckyに借金があることをお兄さんに話していたようで、
 また彼には親友と呼べる人が他にいなかったようで、
 彼が死んだ時お兄さんがluckyに連絡をくれたようです。


 昨年「初めてluckyに怒られた」と彼がお兄さんに言っていたようです。
 luckyからの最後のメールのことだったのでしょう。
 そうとうショックだったのかもしれません。


 お通夜には彼の子供たちも来ていましたが、
 元嫁さんの姿は見えませんでした。


 普通なら会社関係や取引先などの参列もあるものですが、
 一人で作家活動をしていたので、
 親族やご近所の方以外参列者も少なく寂しいお通夜でした。


 同級生たちにはluckyが連絡を回していたので、
 数人が駆けつけてくれました。


 同級生に一人わりと大きな会社の社長がいて、
 彼は参列できなかったのですが花を贈ってくれていて、
 そのおかげで祭壇が少し華やかになりました。


 お葬式にはluckyは出席できなかったので、
 元嫁さんが来ていたかどうかはわかりません。


 彼の人生が幸せだったのかどうか、これもluckyにはわかりません。
 お兄さんは「やりたいように生きて死んだんやから幸せやったんやろう」
 と言っていましたが、
 luckyは、なにも世に出せずに死んでは悔しかったろうと思います。


 luckyも今死んだら悔しいです。
 特に子供がいないので、この世に生きた証を残したいです。


 luckyの血を受け継ぐ人は、もう未来にはいないのです。
 でもluckyのメッセージを受け継ぐ人が、
 一人でも未来にいることを願っています。


 luckyのメッセージはあなたに影響を与えているでしょうか?
 luckyのメッセージはあなたを変えるお役に立てているのでしょうか。


 これを読んで何か感じることがあったら、
 ぜひ掲示板やメールでメッセージを下さい。


 以前luckyとメールのやりとりをしていた人も、
 サーバー移転でメールアドレスが変わっていますので、
 メールは下記からお送りください。


 開運掲示板
  http://www.bonzclub.com/cgi-bin/tobbs/tobbs.cgi

 メール
  http://www.bonzclub.com/kaiun/mail.html


                世界中のすべての人の幸せを願って・・・


----------------------------------------------------------------------


 【お願い】
 このメルマガに返信しないでください。
 このメルマガに返信すると、
 luckyのメルマガ発行用メールアドレスに届きます。
 ですからスパムメールやウィルスメールが届く事が多いです。
 そのためこのアドレスはメルマガ発行専用にしか使っていません。
 このアドレスに届いたメールは読まずに削除しますので、
 メールを送る際は必ずメール送信フォームからお送りください。

 「開運のススメ!メール送信フォーム」
  http://www.bonzclub.com/kaiun/mail.html

----------------------------------------------------------------------

 ★このメルマガは全文掲載する条件で、転送自由です。
  皆さんもぜひお友だちにご紹介ください。
  部分的に転載する場合は必ず出典を明らかにしてください。

  メルマガを発行している、あるいはこれから発行しようとしている人で、
  「開運のススメ!」と相互紹介してほしいという方は、
  上記のメール送信フォームからご連絡ください。

  バックナンバー、サンプル誌、紹介文などを拝見させていただいた上で、
  お返事させていただきます。

  発行部数、ジャンルなどは問いませんが、
  「開運のススメ!」の主旨と反するものや違法性のあるもの、
  アダルトコンテンツやネットワークビジネス関連はお断りします。


  雑誌・メルマガ・ホームページなどでご紹介いただくのも歓迎します。
  ぜひご連絡ください。

===================================
 ■◇このマガジンは下記の配信システムより配信しています。

     【まぐまぐ 】http://www.mag2.com/
     【 melma! 】http://www.melma.com/

 ■等幅フォントでご覧ください。

┏━購読解除・配信先変更は━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                 ┃
┃  当方での購読解除等の手続きは一切行っておりません。      ┃
┃  ●購読解除URL・・http://www.bonzclub.com/kaiun/merumaga.html ┃
┃                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆━━━━━━━━━━━━≪ お問い合わせ ≫━━━━━━━━━━━━◆

 □発行者:lucky
 □問合せ:http://www.bonzclub.com/kaiun/mail.html
 □URL:http://www.bonzclub.com/kaiun/
 ※当メールマガジンに掲載された記事の著作権は、luckyにあります。

◆━━━━━━━━━ COPYRIGHT (C) 2012 lucky ━━━━━━━━━━━◆
posted by lucky at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。